一般学生対象「人として(すてきなあなたになるために)」

1.授業の目的と概要

人間関係が希薄になっている時代にあって、社会性に欠けたり、感情をコントロールできないなど、対人コミュニケーションに問題を抱える人たちが増えている。人間関係が人を育てるのだが、その人間関係が軽く薄いものではどうにもならない。私たちは、好むと好まざるとに関わらず、集団の中で他人と関わり合って育ち、他人と協働し、様々な役割を果たし生活している。つまり、他人との関わりが私たちの人生を左右する大きな鍵を握っているのだが、そのことに気づいている人は少ない。

その中で、自然に人間関係が学べた時代と違い、今の時代にあっては、人にとって当たり前のはずの人間関係を学び、作る場を意識的に提供することが必須な時代ではないだろうか。よって、この講義・演習では、人と人とが確かな絆で結びつくことが求められている時代に、様々なテーマの「気づきの体験学習(90分×15回)」で、ひたすら自分と向き合い自分を見つめ、自分の生き方や今の人間関係を見直し、どのような人間関係をつくっていくのかを考える場としたい。

2.達成目標

○基本的マナーの習得

○挨拶や自己紹介ができる

○相手の話に積極的に耳を傾け、相手の考えや気持ちを受けとめることができる

○自分の気持ちや考えを相手に伝えることができる

○相手と目線をあわせ、温かいまなざしで応対することができる

○相手の気持ちや考えを受けとめた上で、行動することができる

○仲間に対して強い関心をもち、ともに喜び合ったり、励ますことができる

○自分や仲間の長所を素直に認めることができる

※自分と向き合う様々な人とのコミュニケーションにも心がこもり、あたたかいまなざしで関わり、他者に安心感や信頼が得られる望ましい態度や行動ができる。

3.授業内容

内容例

  • 自己概念【気づきの体験学習】自分をみつめなおしてみる
  • ペアコミュニケーション【気づきの体験学習】コミュニケーションについて考える
  • 聞くと聴く【気づきの体験学習】聴くことの大切さを学ぶ
  • 自己紹介【気づきの体験学習】相手のための自己紹介を検討してみる
  • ホスピタリティの実際【気づきの体験学習】自分にとってのホスピタリティを発表しあう中に、生きる意味とか幸福とは何かを考える一助とする)
  • 挨拶を学ぶ【気づきの体験学習】私たちはなぜ挨拶をするのだろうかと考える機会とする
  • 励ましの手紙【気づきの体験学習】話す側も聴く側も心を開くことで、お互いが受け容れられる快感を実感する
  • その他

4.授業を終えて(学生のレポートから)

■最初は、ただ単に人とのコミュニケーション力をつけるだけの授業だと思っていましたが、こんなにも励まされ勇気づけられ自分に自信を持たせることができる授業だったとは・・・。

■誰に対しても不平等なくすてきな人になるための基礎はできあがりました。今から さらにすてきな人になるためには、100%自分次第です。

■授業の最後に仲間からプレゼントシートをもらって、とてもあたたかい気持ちになれた。特にコメントの中で、「あたたかい」「やさしい」という言葉が複数あったのが非常にうれしかった。毎回の授業のこともよく覚えていてくれていて心が一杯になった。仲間とここまで一緒にやってこれてよかったと改めて感じた。

5.最後の授業(もう一人の自分から自分に宛てた「励ましの手紙」から)

■「人として~すてきなあなたになるために~」の授業を受けて変わったよなあ。初めはあんなに、自分のことを人に言うのが嫌いだったのに、今では全然、自分の意見をずばずば言えるようになってるし、人前で話すのも、苦手やったのにしっかり文になるように話せるようになってるし。

 今まで、小、中、高校といろいろな形で道徳や人との接し方について勉強してきたけど、こんなに自分に変化が見られた授業はなかったよな。しかも、大学に入ってまでこんなにコミュニケーションについて真剣に考えさせてくれる場があるなんて考えもしてなかったよな。

 初めは何となく受けていたけど、途中からのめりこむようになってこの授業の人たちに会うのが楽しくなって・・・。ほんま、自分が変わったなあと思うわ!これからも、いろいろと人前に立つことが多くなると思うけど、この授業のことを忘れんとやっていってほしいと思う。頑張れ!!

■私は今とてもうれしさで一杯です。始めの頃、あなたは自分の心で思っていることを表に出すことに戸惑っていたことを、私は知っています。私は皆におはよう!という挨拶から、ありがとうと言う感謝の気持ちを言いたくても、あなたは口に出すことが出来ませんでしたね。

 友達や顔見知りの人には簡単に言えても、初対面の人には中々言えないあなたがいたことを私は知っています。しかし、この授業を受けてあなたの心の変化が感じられて、私は戸惑いと嬉しさの半々でした。しかし、あなたが授業を受けて自分の気持ちを表に出し始めた時、私は安心しました。最初は勇気が必要だった事も今ではあたり前とまでは言わないけど、以前より自然に出来るようになりましたね。

 人としての授業はもう終わってしまうけど、あなたが学んだ事を必要とする場面はこれから先あります。私はそのたびにあなたが人として、すてきなあなたになれたかどうか考えるでしょう。すてきなあなたを期待しています。

6.アンケート調査から