ごあいさつ

 コミュニケーション教育実践の様子をお伝えします。

人間関係が希薄になっている時代の中で、社会性に欠け、感情をコントロールできないなど、対人コミュニケーションに問題を抱える子どもや大人たちが増えています。 
相手を思いやったり感謝の気持ちを言葉に表現して伝えたりすることすらできない人たちも少なくありません。 
孤立感に苛まれ、自分や他人を傷つけるなどの社会問題も後を絶ちません。 
まさに、人が人として成長しにくくなっているのではないでしょうか。 
その中で、全国各地で様々な取り組みが実践されていますが、「気づきの体験学習」と「異世代パートナーとの継続的交流」を柱に、ホスピタリティ・マインドやコミュニケーション力を育むなどの継続的な人間性・人間関係教育実践を行っています。

(参照)
※いのちを慈しむヒューマン・コミュニケーション授業(大修館)高塚人志著
※そばにいる人から喜ばれる喜び(今井書店)高塚人志著
※赤ちゃん力(エイデル研究所)高塚人志著

プロフィール

髙塚人志 鳥取大学特任教授 とっとりコミュニケーション研究会会長

     詳しいプロフィールはコチラ

お知らせ

2015年4月01日 ホームページをリニューアルしました。